コーポレートガバナンス/コンプライアンス

基本的な考え方

ストライプインターナショナルは、お客様、取引先、社員、地域社会などの皆様をはじめ、すべてのステークホルダーの視点において、透明性、公平性のある、自主独立した経営体制をとり、企業価値を向上させることを目指しています。

コーポレートガバナンス体制

会社の意思決定機関として、株主総会、取締役会を設置しています。また、戦略会議によって各部責任者へ経営方針の意思統一化と業務執行における連携強化を図っています。取締役会は、毎月1回の定期開催と必要に応じた臨時開催により、法令で定められた事項や経営に関する重要な事項などの意思決定・監督を行っています。ストライプインターナショナルは監査役会設置会社の形態をとっており、社外監査役2名を含む監査役3名を選任しています。社外監査役を選任することで、業務執行の公平性や法令遵守における監督機能を強化しています。監査役は、毎月1回開催される監査役会において監査方針・計画・方法・その他監査に関する重要な事項について意思決定を行うほか、会計監査人より監査計画ならびに期中および期末の監査結果報告を受け、会計監査人の監査に係る実行状況を随時聴取し、確認しています。監査役会と会計監査人は、適宜意見交換を行い、連携の強化に努めています。
今後も、社会の動向や社外第三者からの意見などを参考としながら、より効率的で透明性の高い充実したコーポレート・ガバナンス体制の構築に、継続して取り組んでいきます。

業務執行の体制と内部統制の仕組み

コンプライアンスについて

業務執行部門からは独立した立場の内部監査を実行する監査セクションとして、内部監査室を設置しています。さらに監査役は定期的に業務執行部門から取引状況に関する報告を受け、必要があれば取締役会へ進言するとともに、監査役業務の精度向上にも努めています。
また、社員一人ひとりがコンプライアンス意識を持って日常業務にあたるために、法務部門が店舗研修および管理職研修などの機会にコンプライアンスに関する講義を行っています。