■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
「パブリックリレーションズ本部」新設を含む
大規模な組織改革を実施
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

株式会社クロスカンパニー(本社:岡山県岡山市、代表取締役社長:石川康晴)は、2月1日付で「パブリックリレーションズ本部」の新設を核とする大規模な組織改革を実施いたしました。
 
新設するパブリックリレーションズ本部は社長直轄で、広報部、IR部、CSR部、危機管理室等を集約した組織です。同本部の設置により、今後はメディア対応をはじめ、従業員や投資家への対応、マーケティング活動、CSR活動による地域連携、コンシューマーサポート、リスク管理、政府や官公庁との関係構築等、すべてのステークホルダーとのコミュニケーション活動を一元的に行ってまいります。
近年、「パブリックリレーションズ」は「人」、「モノ」、「金」、「情報」に次ぐ「第5の経営資源」といわれています。グローバル企業を中心に組織への導入が進んでいますが、今回のようにコミュニケーション業務を統合するパブリックリレーションズ本部を設置する例は、国内企業としては先進的な取り組みです。
 
また、今回の組織改革では、岡山本社に「本社企画部」を設置いたしました。この部門では、社内外におけるイベントの企画・運営・管理を行いながら、将来的には地域の他企業との協業等に取り組んでいくマーケティング機能も持たせていく予定です。
 
当社は、ライフスタイル&テクノロジーを事業領域としてさらなる拡大を図り、グローバル化を推進するために、より高度なパブリックリレーションズ機能を導入いたしました。この他の社長室、財務経理部、総務部や海外事業部等の新設とあわせ、さらなる業容や海外事業の拡大に向けた布石としてまいります。

※パブリックリレーションズ本部の組織図、本部内組織詳細については、PDF版リリースをご覧ください

 
close