■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 
新CMシリーズスタート
宮﨑あおいさん、再び歌う
2015秋「合唱」篇 916全国O.A.開始
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

株式会社クロスカンパニー(本社:岡山県岡山市、代表取締役執行役員社長:石川康晴)は、主力ブランド「earth music&ecology」(以下:アース)の2015年秋の新CMを、9月16日(水)から全国で展開いたします。
 
2015秋「合唱」篇では、イメージキャラクターである宮﨑あおいさんが歌います。2010年、海辺を歩く宮﨑さんが、ブルーハーツの「1001のバイオリン」を歌う印象的な映像でスタートしたアースのCM。あれから5年を経て、再び彼女が歌います。
 
大草原に300人の女の子たちとともに立ち、中島みゆきさんの「Nobody Is Right」を熱唱する宮﨑さん。幻想的な世界観の映像は、富士山の麓で撮影されました。宮﨑さんの力強い歌声とラストシーンで流す涙が、中島さんの歌に込められたメッセージとリンクし、観る人を強く惹き付けるCMです。

CM概要
作品名:earth music&ecology 2015秋「合唱」篇(15秒・30秒・60秒)
放送開始:2015年9月16日(水)
放送地域:全国主要都市(60秒は関西地区のみ放送)
※テレビでの放送の他、earth music&ecologyのブランドサイトやFacebookでもご覧いただけます。
 
earth music&ecology 2015年秋「合唱」篇について
今、若い女性たちを中心に、再ブレイクの兆しを見せる中島みゆきさん。特に、中島みゆきさんの歌詞に込められたメッセージが、この時代を生きる若い人たちの心をつかんでいます。
そんな中、今回は、「時代」でも「糸」でも「ファイト」でも「地上の星」でもなく、今回のCMで初使用(!)となる、中島みゆきさんの隠れた名曲「Nobody Is Right」を、宮﨑あおいさんが熱唱します。
 
2010年の春、アースは、宮﨑あおいさんがブルーハーツの「1001のバイオリン」を無邪気にはつらつと歌うCMで、広告をスタートしました。(このCM自体、歌手が本業ではない女優が歌う、というCMのブームを巻き起こし、その後のアパレルCMにも多大なる影響を及ぼしました。)
 
アースでは、ここ数年、CMで歌うことはしてきませんでしたが、数年ぶりに、宮﨑あおいさんの熱唱が帰ってきます。しかも、何百人もの女の子たちと共に。今回は、合唱です。
何百人もの女の子たちと一緒に心を込めて中島みゆきの「Nobody Is Right」を大合唱します。
この殺伐とした時代に、日本中に、世界中に、この歌のメッセージが届きますように。
 
 ■制作スタッフ
クリエイティブディレクター/プランナー/コピーライター:権八 成裕
コピー:児島 令子
アートディレクター:副田 高行
エージェンシー・ディレクター:玖島 裕
エージェンシー・ディレクター:佐々木 カンナ
アカウント・エグゼクティブ:橘 哲生
監督:永井 聡
エグゼクティブプロデューサー:小佐野 保
撮影:今村 圭祐
スタイリスト:藤井 牧子
ヘアメイク:小西 神士
歌:「Nobody Is Right」(歌/作詞・作曲:中島みゆき)

■タテ型CM
earth music&ecology 2015年秋「合唱」篇では、街頭のデジタルサイネージや スマートフォンに対応した、タテ型CMを制作いたしました。ストーリーはそのままに、タテ型になることで、より宮﨑あおいさんの存在が際立つ映像になっています。通常のCMとは一味違うタテ型CMも、ぜひご覧ください。
<画像放映場所>
・ルミネをはじめとするファッションビルやショッピングセンターなどのデジタルサイネージ
・earth music&ecologyのTwitte、LINEメッセージ配信
 
    close