当社では、2014年8月25日より2014年10月26日の期間、
中国地方の37店舗と東北地方の43店舗(東北は9月6日から)に募金箱を設置し、
広島土砂災害の復興に向けた募金活動を行ってまいりました。

お客様よりお預かりした募金は「ひろしまNPOセンター」を通じて、
「8.20広島復興支援市民会議」と「若者活動サポートセンターあおぞら」に寄付をさせていただきました。
広島市豪雨による土砂災害復興支援 義援金贈呈のご報告)

この度、「8.20広島復興支援市民会議」が企画する支援情報WEBサイトがオープンしましたので、ご報告いたします。
       

【サイト詳細】

■運営期間:2015年9月1日から約10年間(復興状況により変動します)

■運営主体:8.20広島復興支援市民会議

■目的:ITを活用した、広島市豪雨災害による被災者および被災地域への支援、
  復興活動を通じて、災害に強い地域づくりをする。

■内容:

(1)過去<8.20豪雨災害の記録>
 災害に関する記録データ、地域で作成された記録集(データ化)、支援活動団体の報告など

(2)現在<復興の現状>
 地域活動、復興支援に関する行事、復興状況、支援団体の発信する情報など

(3)未来<防災、災害に強い地域づくり>
 地域で新しく作成したハザードマップ、防災ハンドブック、災害支援のノウハウ、防災取組など

このサイトが立ち上がる事で、今まで現地の支援団体が個々に配信をしてきた内容を一元化することができ、
被災者の方々が簡単に情報を得ることが可能となります。
また、支援団体間での情報共有や、被災者のニーズや声を吸い上げる場としても使用し、
今後の復興活動へと繋げる予定です。

「8.20広島復興支援市民会議」のサイトはこちら 

皆さまからのあたたかいご支援を賜り、WEBサイトが構築されましたことを、
心より御礼申し上げます。
 

なお、今回同時に寄付を行った「若者活動サポートセンターあおぞら」の拠点整備につきましては、
これから本格的な整備を開始し、10月末に拠点が完成する予定です。
完成の際に、改めて詳細のご報告をさせていただきます。

    close