品川女子学院中等部にて、学生による学校指定コート制作をサポート “服”を通して心を育む、「フクハグ」活動を開始

2016.11.04
企業・CSRプレスリリース

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
品川女子学院中等部にて、学生による学校指定コート制作をサポート
“服”を通して心を育む、「フクハグ」活動を開始
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

株式会社ストライプインターナショナル(本社:岡山県岡山市、代表取締役社長:石川康晴)は、企業理念を社内外へ伝えるために、社会と未来に役立つ活動を企画する「クリエイティブミッション」の一環として、服を通して心を育む「フクハグ」という活動を開始し、11月2日(水)に品川女子学院中等部にて、第一回目の講義を行いました。このプログラムを通じて、学生は学校指定コートをデザインし、優秀作品は新たな学校指定コート検討の原案として採用されます。

2日に行った講義では、当社の企画担当の社員が、制服が果たす役割や着心地、デザインによる見え方の違いなどについて説明。その後、現在の学校指定コートの改善点について考える個人ワークや、新しいコートのデザインについて考えるグループワークを行い、学生たちも積極的に意見をするなど、和やかな雰囲気で授業が進みました。今後は、11月9日に各クラスでグループごとにプレゼンテーションを実施。当社の社員が各グループのデザインに対して意見や感想を述べ、学生たち自身でクラスごとの代表デザインを選出します。最終回の11月16日には、各クラス代表5つの作品のプレゼンテーションが行われ、当社スタッフと学生の人気投票で最大2つの優秀作品が決定します。優秀作品のデザインは、新学校指定コート誕生に向けた原案となる予定です。

当社は今後も、本活動を通じて未来を担う子供や学生に服、そしてファッションの楽しさを知ってもらい、服を通して心を育くんでもらえるようさまざまな取組みを行ってまいります。


■「フクハグ」取組み概要

講義実施日:2016年11月2日(水)、9日(水)、16日(水)
実施内容 :2日 ・講義「服について知ろう!~学校指定コートを作ろう!~」を実施
         ・現在使用している学校指定コートの改善点を考える個人ワーク
         ・学生が学校指定コートをデザインするグループワークのサポート
      9日 ・クラス内プレゼンテーション後、クラス代表作品決定
      16日 ・クラス代表プレゼンテーション後、優秀作品決定
対象者 :品川女子学院 中学3年生の生徒(全5クラス/204名)