ISO26000対照表

CSRに関する取り組みやステークスホルダーの皆様とのコミュニケーションをより効果的で社会課題に即したものとするため、「ストライプインターナショナルならではのCSR」を明確化し、基盤づくりを進めています。まずは現状を把握し、今後取り組むべき課題やテーマを 選定するため、社会的責任に関する国際ガイドライン規格ISO26000 に沿ってこれまでの活動の整理を行いました。今後も、自社のCSRの拡充をはかります。

ストライプインターナショナルのステークホルダー

  • お客様
    ニーズを捉えた高品質な商品と接客で、お客様に新しい価値を提供していきます。
  • 社員
    働く社員全員を育成するとともに、仕事と家庭が両立でき安心して働き続けられる職場環境を整えています。
  • 地域社会
    岡山の小さなビルからスタートしたストライプインターナショナル。育ててくれた地域を本拠地として岡山への地域貢献を継続していきます。
  • 将来世代
    社会の発展に欠かせないのが、若い世代の成長。グローバルマインドを持つ新たなパートナーを見出し、育てていきます。また、将来世代のために環境へ配慮していきます。
  • 取引先
    生産にたずさわる人々やディベロッパーなどの取引先の皆様とは公正・公平な取引を行い、社会的責任にも配慮した関係を築きます。

ISO26000主な中核主題との対照表