ストライプって? #07

休むという仕事

お客様により良い「ライフスタイル」を提供する。それは、ストライプインターナショナルが事業を通じて実現したいことです。そのためにも、社員一人一人に自身のライフスタイル向上に努めてほしい。そう、思い切って「休む」「楽しむ」ことも、充実した仕事のために大切なことなのです。

休むという仕事 #02 CSR部 中村 真菜

一生に一日の「入籍日」を、彼と二人で過ごす。

利用した休暇制度は何ですか?

「大切な人休暇」

休暇制度を利用した理由を
教えてください。

大切な彼との入籍日だから。

休暇はどのように過ごしましたか?

付き合い始めて一年記念日に入籍。彼は写真が趣味なので、婚姻届を提出した後は、景色の良い思い出の場所に行って、ゆったりと二人だけの時間を過ごしました。

利用した休暇制度は
いかがでしたか?

「大切な人と過ごすため」だけに、仕事を休む罪悪感を感じることなく、思い切りその一日を楽しむことができるのは、とても嬉しいこと。私にとって特別な一日です。

社会人として、休暇とは
どのような存在ですか?

仕事を頑張るために必要なもの。休むときはしっかりと休むことが大切だと思います。

大切な人休暇とは

入社1年以上の全社員に、一年に一日与えられる休暇制度。「“大切な人”のため」という内容であれば、どんな理由でも認められる。過去の休暇制度使用例は「母親と母の日を一緒に過ごすため」、「地元の友達と久しぶりに再会するため」など。

制度名称:大切な人休暇

対象社員:入社1年以上の全社員

  • ※公休として年1回使用可 ※好きな日付けを指定できる ※当該休日含め3連休は不可 ※事前申請が必要 ※未使用分は次年繰越されない

休むという仕事 #03 エリアマネージャー 片渕 未希

パリ、ロンドン、私をアップデートする旅に出る。

利用している休暇制度は何ですか?

「ホリデー休暇」

休暇制度を利用した理由を
教えてください。

新婚旅行のために取得しました。2013年に結婚して新婚旅行に行っていなかったので、2015年にロンドン・パリへ6日間行ってきました。弟がイギリスにいるので、私の家族も加わり家族旅行になってしまいましたが(笑)。

休暇はどのように過ごしましたか?

パリは以前出張で行ったことがあったのですが、ロンドンは初めてだったので、ヨーロッパの雰囲気を存分に味わってきました。幸い、天気も良く、弟のイギリス人の彼女が色々なところを案内してくれたのも、とても良い思い出になりました。

利用した休暇制度はいかがでしたか?

リフレッシュとしてだけでなく、自分の経験としても、良い時間だったと思います。ヨーロッパに行ったことがあるということで、お客様と話が弾むこともあるし、色々と会話の幅が広がりました。今は、SNSで世界中どこにいても繋がれるので、スタッフにもリアルタイムで写真を送ったりして、楽しんでいました。

社会人として、
休暇とはどのような存在ですか?

自分の教養や感性を磨くもの。お客様に「ライフスタイル」を提供する仕事をしている以上、自分自身も多くの経験を積むことは大切だと思っているので、そういう意味でも休暇を有効に使っています。アパレルの販売員はなかなかヨーロッパに行けるほどの長い休暇を取得する機会がないので、とても嬉しい制度。私が6連休を取ったことで、周りのスタッフも連休を取りやすい環境になり、スタッフ一人一人の経験値が上がっていけば良いな、と思っています。

ホリデー休暇とは

年1回6連休、または3連休を2回取得できる制度。店舗勤務社員が対象で、公休と有給休暇を組み合わせて取得する。「海外文化体験」「親族・友人との交流」を目的とした制度利用を推奨している。

制度名称:ホリデー休暇

対象社員:店舗勤務社員