ストライプって? #03

挑戦者であれ

自分の夢のために挑戦者であれ 仕事でもプライベートでも何でもいい。僕たち経営陣は、何か一つ熱狂的な「好き」を持っている社員を探しているんです。僕はそういう人と一緒に仕事がしたいし、新しい事業にもどんどん挑戦してほしい。そのためストライプインターナショナルでは、どんな社員でも自分の夢に向かって“挑戦”しやすい制度を設けています。自分がやりたい事業があるのなら、興味のあるポジションがあるのなら、どんどんぶつけてきてほしい。いくつかの現実的な問題が立ちはだかるかもしれないけれど、ストライプの社員には、何よりも夢を持って、そこを越えてきてほしいんです。色も長さも太さも無数にあるストライプ柄のように、何か一つ突出したものを持った個性的な社員が集まる会社にしたい。これは、これからの目標ですね。ストライプの歴史はいま、1ページ目ですから。

わたしたちは、社内を挑戦しやすい環境にするために下記の制度や研修を設けています。

石川直行便

社員が社長に直接プレゼンテーションができる制度。手を挙げれば社員誰でもいつでも社長に提案でき、実際に毎月いくつもの提案がなされている。その内容は、会社やブランドに関して実際に感じた小さな改善点から、新たに実践したい大きな取り組みなど、実にさまざま。社長の「お客様に一番近い現場の生の声を聞きたい」との思いから始まり、「そのことが何度会社を助けたか分からない」という。

新規事業提案制度

「会社の力を借りて新規事業に挑戦したい」「社内でベンチャーを立ち上げたい」など、熱意のある人であれば、入社時期や年齢、所属部署にかかわらず、全社員が挑戦できるのが「新規事業提案制度」。書類選考から役員会議にかけられ、最終プレゼンテーションに合格すると、事業部サポートによる事業化支援や、必要に応じたジョブローテーションによるスキルアップなどを経て新規事業が立ち上がる。「その提案に成功すれば夢が叶うし、失敗しても自分の視野が広がり、成長につながる」という社長の言葉通り、挑戦すること自体が成長につながる夢の制度。

キャリアアクション

店舗スタッフから本社・本部に異動できる社内公募制度。年に4回応募期間を設け、書類選考、部門長による面接を経て、社長面接による合否が決まる。その際、店舗スタッフとしての実力の他に大事なことは「何か一つ突出した才能を持っているかどうか」。そういった特別な人材を見つけ出すことが、ブランドや本社・本部にとって大きな力となり、会社全体の躍進につながるという社長の考えによって生み出された。新しいことへのチャレンジを応援する制度。